.
口笛の吹き方

「口笛の決まった吹き方」というものはありません。私自身、口のすぼめ方や舌の形を変えても鳴らせますし、人それぞれ体の特徴が違うわけですから。大事なのは「こういう音を出したいからこういう吹き方をする」という自分なりの吹き方を見つけることです。そういった自分なりの口笛のコツをつかむ足がかりとして、以下に示す私の吹き方を参考にしてみてください。

吹き方 1

口笛の吹き方1口を日本語の「す」と発音する時の形にして、唇をすぼめて横に長い直径5ミリほどの楕円形の穴を作ります。その形で息を軽く吹きます。唇の形によってはカモメ型の穴になる人もいて、口笛を吹くのが難しいようです。がんばって!!

低音を出すときは低くなるにつれて舌をこの形のまま奥へひっこめていく感じになります。

唇、舌、顎、喉には力を入れません。力まないことが大事です。

吹き方 2

口笛の吹き方2舌の形を下の歯にべったり着けても吹くことが出来ます。

吹き方 3

口笛の吹き方3このように口の中で舌を浮かせた状態でも吹くことができます。

吹き方 4

口笛の吹き方4これは上記の吹き方よりも高い音、1オクターブから2オクターブ上の音を出すのにむいている吹き方です。舌の中央部分を口内の天井に押し当てる格好で、その真ん中にわずかな空気の通り道を作って音を出します。

口の形は日本語の「し」と発音する時の横に長い形から「す」と発音する時のすぼめる形の間を行ったり来たりして音高を調節します。

呼吸法

口笛を吹くときの呼吸の仕方は、日本語を発音する時のように喉を使うのではなく、ラテン語を発音する時のように喉を開けて鼻まで貫通してる感覚でお腹を使います。喉や顎には力を入れません。これができていると、口笛を吹きながら鼻からも呼吸ができます。吹くのと一緒に鼻からも息を出せ、吸うのと一緒に鼻からも息を吸えます。鼻の前に指を横にあてがって確認します。

この呼吸法ができていると息を吐く吹き方と息を吸う吹き方の切り替えがとてもスムーズに行えます。日本語を発音する時のように喉や顎周りの力に頼っていないので、顎周りの筋肉が疲れることなく長時間口笛を吹き続けられます。

.